クモ膜下出血の原因に注意|早期発見の難しい腎臓病を見つけるには定期検査の受診が重要
カウンセリング

早期発見の難しい腎臓病を見つけるには定期検査の受診が重要

クモ膜下出血の原因に注意

カウンセリング

前兆を見極めることが大事

脳の病気で恐ろしいのはクモ膜下出血です。原因は脳動脈瘤の破裂です。脳動脈瘤というのは脳内の血管の枝分かれする分岐点にできる瘤で、それが大きくなると破裂するのです。先天的な場合と後天的な場合がありますが、動脈硬化症などで血液がドロドロになると脳動脈瘤ができやすくなります。脳動脈瘤ができて危険な状態になると予兆がありますから、それに早く気づいて対処すればクモ膜下出血を避けることができます。脳動脈瘤というのは小さい内は症状が出ませんが、大きくなると目の奥が痛くなったり視野異常が起こったりします。その時点で診察を受ければ病気を最小限に防ぐことができます。激しい頭痛や嘔吐がある場合は破裂している可能性が高いので、救急車を呼んで早く手術をする必要があります。

動脈硬化症を防ぐ食生活

動脈硬化症の傾向がある人は脳動脈瘤ができやすいので、普段の食生活や生活習慣を改善することが重要です。動脈硬化症になりやすい人は脂っこい食事や肉類中心の食生活をしているケースが多いです。なるべく野菜中心の生活に切り替えて、適度な運動を生活に取り入れるようにします。特に喫煙は悪影響を与えるので禁煙をすべきです。女性の場合は経口避妊薬を常用していると脳動脈瘤の危険が高くなります。その他にアスピリンなども影響を与えるので、服用する場合は医師のアドバイスを受ける必要があります。脳動脈瘤を早期発見するには定期的に検査するのが一番です。毎日決まった時間に血圧を測って、異常がないかどうかセルフチェックすることも大事です。