がん細胞だけを攻撃します|早期発見の難しい腎臓病を見つけるには定期検査の受診が重要
カウンセリング

早期発見の難しい腎臓病を見つけるには定期検査の受診が重要

がん細胞だけを攻撃します

病棟

現代は夜型のライフスタイルの人が増えていますし、食生活も大きく変化しているため、若い20代、30代の人もがんに罹る人が増えています。2人に1人は罹る病気なので、入院をして治療中の人が多いですが、抗がん剤の副作用が辛いと感じている人も多く、体に負担の少ない治療を受けたい人が大勢おられます。樹状細胞療法は、体に含まれている免疫細胞を採取して体外に保存をしておき、体内に免疫細胞を入れることで、正常な細胞にダメージを与えずに、がん細胞に狙いうちができるので、副作用が少なく安全性の高い治療法です。手術や放射線療法、化学療法による治療を受けている人が多いですが、同時に樹状細胞療法を行うことで、高い効果が期待できます。

がんは早期に発見ができると体に負担の少ない治療が受けられますが、進行して転移をすると長期間の治療が必要になります。樹状細胞療法は体外に免疫細胞を採取すると、長期間保存ができるので、入院の必要がなく通院だけで治療を受けることが可能になっています。リンパ球ががん細胞を攻撃するので、がんの増殖や転移を抑える効果が期待できます。先進医療の分野になっているので、保険適用は受けられず治療費は高めになっていますが、第4の治療法として大変注目されています。現代は樹状細胞療法を受けられる総合病院が増えているので、まずは医師に不安や悩みを相談してみると良いでしょう。痛みなどもないので、中高年以降の人に最適な治療法です。